魔法のシート

MENU

40歳 アイクリームよりも温かいタオルを目に当てる

スマホを持つようになってから暇があるとすぐにスマホを見てしまうようにもなり、それで視力が低下してしまうことが多くなったと思います。

 

視力が低下すると近くにあるものや小さい文字にも目を凝らして見るようになってしまって、それが目尻のしわやたるみを増やしたり、疲れ目で目の下のクマを増やしてしまうことになっていると思います。

 

もちろん40代になって肌が衰えてきたことにより目元のたるみが目立つようになってしまったということもありますが、目を疲れさせていることが目元のたるみにつながっているようにも思います。

 

ですからできるだけ目を疲れさせないようにするためにも、目が疲れたと思ったら遠くを見る様にしたり、あったかいタオルで目元をあたためるようにもしています。

 

温かいタオルで軽く目元を抑えることによって目元の乾燥も多少は防げているように思うので、たるみ対策にもなって良いと思います。

 

また、たるまないように目を開ける時はぱっちり開けるようにもしています。

目元のシワは、実年齢より老けて見られる

目元のシワは普段あまり気にするようなことはないですが、昔の写真と今の写真の自分を見比べると、やはり顔にシワがあることで老いて見えてしまうことがあります。

 

ですからやはりシワ対策はしなければいけないものなのだと、写真を見ると実感することが多いです。

 

目元のシワを増やさないようにするためには目元が乾燥しないように目元専用の保湿クリームなどを塗るのが良いということは知っていますが、癖で目元をこすったりいじったりしてしまうことが多いので、目元に成分が入る危険性のほうを考慮してまともに使ったことがありません。

 

ですが目元のシワがもっと深く刻まれるようになったら目元専用クリームも使わなければいけないと感じています。

 

顔のイメージというのは目のインパクトが強いですし、目元にシワがある人はどうしても実年齢よりも老けてみられることも多いので、自分も注意したいとは思っています。

 

ですから目尻のシワはできても深くならないようにはしたいです。

シートマスクは、週2,3回使う

シートマスクは顔全体の保湿ケアができるのでとても良いと思います。

 

顔全体に保湿成分を与えることができるので、冬の夜など乾燥してしまうことが多い時期には良いものだと思います。

 

実際にシートマスクを使うことで翌朝肌の状態が良くなっていることも多く、メイクのノリが良いことからも使うメリットがわかるので、今後も使っていきたいと思います。

 

ですが毎日使うには費用もかさんでしまうので、週に2,3回使うのが限度かと思います。

 

また、忙しい日や疲れている時はシートマスクを貼ることすら面倒になってしまうので、普段使いするのであればやはり塗るタイプの保湿クリームなどが便利で長く使っていけると思います。

 

シートマスクは安価なものでも特別感が強いです。

 

また、シートマスクは肌に密着している時間も長いので、あまり安価なものだと肌荒れしてしまうようなトラブルが怖いです。

 

いったん肌荒れしてしまうと元通りにならないのが怖いので、あまり安価なものも使えないのが悩みです。

目元のケアだけ貼れるマジックフェイシャル

エコライフの「マジックフェイシャル」は、目元のケアしたい部分にだけ貼れるので便利で手軽で良いと思いました。

 

もともと塗るタイプのアイクリームなどの目元ケア製品は苦手だったので、こうした部分的に貼れるものであれば目の中に成分が入る心配もなくて良いと思います。

 

また、顔全体に貼るものと違って集中ケアタイプのシートになるので、効果が出たのか出ていないのかなどの確認がしやすい点も良いと思います。

 

目元のケアはしたいと思っていても、目薬や目元のメイクをしているとなかなか余分なクリームなどは塗りにくいので、こういった貼れるタイプでケアできることで助かる女性は多いのではないかと感じました。

 

目に負担がなさそうなのも良いです。

 

費用的には高いと感じますが、メーカーのアイクリームなどもこれくらいの値段がすることが多いので、高成分で高品質のものであれば仕方がないかとも思いますが、リピートしていくには敷居が高いとも感じました。

 

>>魔法のシートを見る