魔法のシート

MENU

38歳 美容オイルで湯船につかりながらマッサージ

お風呂に入ったときに、湯船につかりながら、美容オイルを塗ってマッサージをしています。

 

こすらないように気をつけ、指で押すように、頭蓋骨の目の穴に沿ってほぐしていくと、眼精疲労によるくすみやたるみが解消され、目元のシワ予防にもなるのです。

目元がたるむ原因とケア方法

目元がたるんでしまう原因としてよく知られているのは、老化によって皮膚が伸びてしまうことと、目元の筋肉が衰えて垂れ下がってしまうことです。

 

きっと、このどちらかだけで済めば、ひどく垂れ下がることはなさそうですよね。

 

皮膚が伸びたとしても、皮膚内の筋肉組織がしっかりと顔に張り付いてくれていれば、たるまずにシワができるだけでしょうし、皮膚にピンとハリがあれば、少しくらい筋肉が衰えたとしても、皮膚で支えることができるでしょう。

 

でも、老化は多少の前後差はあるものの、体全体で徐々に起こるものなので、皮膚が劣化すれば同時に筋肉の衰えも始まっていくのでしょうし、その逆もしかり。

 

それに、皮膚が伸びれば皮膚内組織も重力の影響を受けやすくなり、皮膚内組織が先に衰えても、それを支える皮膚に負荷がかかり、伸びやすくなってしまうのだろうと思います。

 

タマゴが先か、ニワトリが先か、ということになってしまいますが、栄養をプラスして老化をゆるやかにしながら、外部から皮膚のサポートをして筋肉も支えていくようなケアが理想的なのだと思います。

目元のシワは、皮膚の老化が原因

目元のシワには、笑いジワに代表されるような表情によってできてしまうシワと、伸びてしまった皮膚が重力によって垂れてできるシワがあるのでは、と思います。

 

どちらにしても、皮膚の老化により、水分が不足して弾力が失われてしまうことが原因です。

 

一度できたシワはクセになってしまい、なかなか元に戻すのは難しいでしょう。

 

鏡を見るたび、「ああ、このシワにアイロンをかけて伸ばすことができたら、どんなにいいだろう」とため息をついてしまいます。

 

もちろん、本当にそんなことをしたら、ヤケドになって目も当てられない状態になりますが。

 

では、水分不足を解消するべくたっぷり保湿して、シワのクセを伸ばしさえすれば、シワは解消されるのでは?と考えることがあります。

 

実際に、シワ部分にテープを貼って眠ると、朝起きたときにはシワが薄くなっていた、という経験談を聞きますし。

 

でも、目立つテープを顔にベタベタ貼っているところを、たとえ家族でも見られるのはいやなので、なかなか続けられないのですよね。

 

シートマスクを使った日と使わない日は、別人

美容液をたっぷり浸したシートマスクを、一定の時間顔に貼り付けておくのは、美容成分を乾燥させることなくお肌に与え続けることができるので、かなり効果的なスキンケア方法です。

 

シートマスクケアをした日としない日では、お肌の状態も格段違ってきます。

 

ですから、本当は毎日、それもメイク前と寝る前にしたいくらいですが、貼り付けた状態では表情を動かすこともできませんし、なにかしながらではうっかり剥がれてしまうこともあり、じっとしていなければならないのが結構苦痛です。

 

朝や夜は、結構バタバタとすることが多いですしね。

 

だから、ついめんどうになって、なかなか続けることができないのです。

 

続けていれば、きっともっと肌質も向上できるでしょう。

 

もし剥がれないシートマスクがあれば、毎日でも家事をしながら有効なスキンケアができるのに、なんて思うことがあります。

 

忙しいときでも、シートマスクによるスペシャルケアがもっと手軽にできたら、こんなに嬉しいことはないですよね。

マジックフェイシャルは理想的な美容シート

エコライフの「マジックフェイシャル」を知ったとき、これはシワやたるみに悩んできた女性たちを救う、理想的な美容シートなのでは?と思いました。

 

美容成分たっぷりのシートを気になるところに貼り付けると、透明になって目立たなくなるのですから、家族に見られても恥ずかしくないどころか、外出さえできるのです。

 

それに、ナノファイバーがたるみやシワを防いでくれるので、もう重力も怖くありません。

 

その上、通気性があって長時間貼っていてもお肌に負担がかからず、その間ずっと美容成分をお肌にプラスさせ続けられるというのですから、至れり尽くせりです。

 

長時間美容成分をお肌に密着させたままじっくりとケアができますし、シートによって物理的にもたるみやシワを改善させ、そして目立たないなんて、まさに夢のようなシートです。

 

お試しキャンペーンでお得に購入できるようですし、ぜひ一度試してみたいな、と思います。

 

これはもう、プチ整形のレベルなのではないでしょうか。

 

>>魔法のシートを見る